-------------------------------------------------------------------
4/20(水) 30秒の情熱を知って
-------------------------------------------------------------------

 最近、私にはお気に入りのCMがある。

某生命保険会社のCMなのだが、
ゴルフトーナメントの中継をかなりのリアルさで再現していて、
場面はまさに「このパットが入れば優勝かっ!?」ていう設定。
で、役者さんがパットをした瞬間、
「あーっ外れたっ」とすぐわかるコースにボールが転がる。
ところが、もう一つ穴が出てきて、つーっとそこに入る。
拍手喝采で「2つあると、いい」とか、なんとか、ナレーションとともに文字が入る。

これ、ほんっとに好き(笑)。

初めてみたときから完全に私のツボに入ってしまった。
インパクトがあって、何の商品かがわかりやすくて、しかも最上級のユーモア。

 CMについて、なぜにこんなにも熱く語るのか。
それはホームページ上でも、すでにお知らせさせてもらっている通り、
私は、アミノバイタルのCMに出させていただくことになった。
この撮影にあたり、私は出演と同時にCM制作の裏側をみられる機会を
与えてもらった訳だが、この経験をなんと伝えればよいのか・・・。

30秒、15秒の限られた時間の中に伝えたいことを凝縮して、
最大限に観る人に訴えかけるのがCM。
それを知らずに私は今まで何の気なしにCMをみてきたが、
これについては、もー、ね。本当に深く反省しております。

何度も言わせてもらうのだけど、CMってほんの30秒、15秒。
しかしっ!
これはただごとではないぐらい、大仕事!
一大プロジェクトっ!!
このためにどれだけの多くの人々が関わって、
時間をかけて、情熱を注いで。
想像を超えたスケールに、気い遠なりますよ、ほんまに。

出来上がったCMとメイキングのDVDをわざわざ届けて下さって(それも感動。)
その映像を見たとき、なんとも言えない「じーん」とした感覚が・・・。
んーっ。わかるかなあ。
うまく感動が伝わってないっぽくてもどかしい。

もう、オンエアされているみたいだから皆さんにちょっと観てみてほしいな。
なんだか今回の日記、独り言になってないなあ。
力入りまくりや。

(最後に)
CM制作に関わって下さった皆様。
本当の本当に有り難うございました。
とてつもなく嬉しい気持ちで、今の私、いっぱいになっています。
今後とも、一つ一つのお仕事において、
感動と感謝を忘れないで取り組んでいきたいと思います。


【武田美保のDiary Back number一覧はこちら